JAいなばのご紹介

歴史・風土

JAいなば  JAいなばは、JA小矢部市・JA津沢・JA福岡町の3JAが平成6年9月1日に合併し、誕生しました。平成19年4月には、20支店から4支店へ統廃合しました。
 小矢部市と高岡市福岡町の一市一町の管内で、富山県の西端に位置します。北西から南西にかけては山間地であり、標高346mの稲葉山などからなだらかな丘陵が連なります。南から北北東にかけて小矢部川が平野を貫流し、一帯は水田地帯となっています。
 コシヒカリ「メルヘン米」をはじめ、大豆、大麦などを作付けしています。ハトムギの大規模産地として、全国トップクラスの作付面積や生産量を誇っています。さらに、「菅笠」は400年以上続く伝統で、越中福岡の菅笠制作技術が重要無形民俗文化財にも指定されています。バラ、鶏卵などは、それぞれ県内の大半を占める生産量です。
 世界の有名な建築物を模した公共建築『メルヘンの街』として、源平合戦で知られる倶利伽羅峠、縄文時代の桜町遺跡、野菜を使った民衆芸術の祭典「つくりもんまつり」など、多彩な観光資源と豊かな自然に恵まれたところです。

組織概要

JAいなば
名称 いなば農業協同組合
代表者 代表理事組合長 岡田繁正
本店所在地 〒932-0053 富山県小矢部市石動町10-30
電話番号 0766-67-2115
FAX番号 0766-67-8111

組織の構成

事業の概況(ディスクロージャー)

ページ先頭へ